リーブ21|7人の発毛感動ストーリーサイトトップ

帽子と抜け毛・脱毛との関係などについて

髪に悩んでいるあなたへ

帽子をかぶると脱毛しやすい?

帽子で髪を隠しても逆効果?髪に悩んでいる方には、帽子をかぶって
頭髪を隠そう
という方がよくおられます。

ただ、帽子屋さんに怒られそうですが、
「帽子」と「脱毛」は、まるっきり関係ないというわけではありません。

帽子そのものが悪いわけではないですが、長時間かぶっていると、どうしても頭皮がむれた状態になります。

むれると雑菌が繁殖することもあり、不衛生になり、ひいてはそれが毛根に悪影響を与えます。

もちろん、帽子をかぶる人が必ず脱毛がひどくなるのかといえば、
決定的なダメージになるわけではありません。
ただ、「髪にとってはマイナス要因になる」ということは言えるかと思います。

特に、汗は要注意です。

頭皮の汗はしっかりふきとりましょうゴルフや野球、テニスなどのスポーツをして汗をかき、そのまま放置しておくと、ますますむれて雑菌が増えやすくなりなすので、シャワーなどで汗をさっぱり流して、常に頭皮を清潔に保つように心がけておくほうがよいでしょう。

警察官や工場現場などではヘルメット着用を義務付けられていますが、そうした職業の人はこまめにタオルで頭皮の汗をふくとか、昼休みなどにはヘルメットを脱いで風を通すなどの気配りが大事です。

人間とはおかしなもので、顔や首筋の汗はせっせと拭くわりに、
頭部は帽子やヘルメットを脱いでまでふこうとはしません。

頭皮がムレるのもよくないですが、紫外線も悪影響がありますたぶん面倒だからでしょうが、その中で雑菌が繁殖しようと待ちかまえていると思えば、怖くて拭かないわけにはいかないでしょう。

では、暑い真夏でも帽子をかぶらないほうが髪によいのかというと、そうとも限りません。紫外線という大敵が髪や頭皮を傷めるからです。

紫外線を長時間浴びつづけると、例えば色物のシャツなどは変色します。

同じ様に、髪も色素が破壊されると、赤茶けてきます。
これが原因で脱毛にまでいたることはないにしても、頭皮が直射日光で日焼けして炎症を起こすようだと、皮膚にも毛根にもよくありません。

このように、直射日光に当たりすぎるのは髪にも体にも悪いのです。

つまり、夏場は直射日光を避けるために帽子をかぶるのも大切であり、
汗をかいたあとのアフターケアをしっかりとすることも大切なのです。

もし、頭髪などでお悩みでしたら、ぜひ一度、
リーブ21の発毛実感コースで診断を受けてみてください。

最寄りの店舗をインターネットで検索し、オンライン予約もできますので、
お気軽にお越しください。

ほかの「髪に悩んでいるあなたへ」の記事は以下をご覧下さい

ページの上へ

リーブ21の感動発毛を実感したい方はお問い合わせください。0120-783-640(ナヤミムヨオ)

お問い合わせはコチラ

リーブ21発毛体験談トップページ7人の感動ストーリー髪に悩んでいるあなたへ髪質について学ぼう
気になる頭髪のことエリア検索会社概要個人情報保護方針
サイトマップリンクお問合せ

株式会社 毛髪クリニックリーブ21®
大阪市中央区城見二丁目1番61号
TEL:06-4794-2499

カウンセラーへのご相談(0120-783-640・ナヤミムヨオ)